言葉のチカラ

日々何を感じ、何を考えるのか。答えはどこかにあるのだろうか。 

海外で使える! 「スリ対策の必需品」〜ホールドチューブ〜

 

今回約2週間イタリアに行ってきたのですが、

 

防犯(スリ)対策として、ホールドチューブを使用しました!

 


HOLD TUBE REGULAR (ホールドチューブ レギュラー )HT01 【ベルト型ポーチ 】 ウエストポーチ 携帯ケースに最適【あす楽_年中無休】メール便可

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そもそも皆さんはホールドチューブって何か知っていますか?

 

狭いライブハウスや人気アーティストのライブでは隣の人とぶつかるのは必然

 

特にサマソニフジロックなどの日本最大級の夏フェスでは暑い日差しの中、何時間も様々なアーティストを見ることになるので、荷物を持っての観戦は厳しいもの。

 

荷物を預けられるボックスにも限りがある上に、出し入れするために長時間並ぶ時間がもったいなくもあります。

 

それに、せっかくのフェスやライブで手荷物があれば、荷物を気にして思いっきり動くことができず、楽しさが激減してしまいます。

 

そのため全力でフェスとライブを楽しむために最近流行ってきているのが、ホールドチューブなのです!

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そんなホールドチューブを防犯用に持って行こうと思ったのは、鞄から直接スラれないようにするためでした。

 

正直無いよりはマシ程度に考えていたのですが、これがめちゃくちゃ使い勝手が良かったです笑

 

安全のために手荷物を限りなく少なくして外出するのであれば、ホールドチューブは必需品と言っても過言では無いと私は今回の旅で感じましたね!

 

理由としては、

  1. 自分の肩から掛けてるので、安心
  2. 必要最低限のものが入る収納力
  3. ジャケットやカーディガンを上から羽織れば、ホールドチューブが隠れる
  4. セキュリティポーチよりもカジュアル
  5. 安い

というように、この5点が挙げられます!

 

1は言わずもがな、ホールドチューブが密着しているので、背負うタイプの鞄とは安心感が違います。

 

2は、人によって必要最低限の荷物が違うので何とも言えないのですが、観光や町並みをぶらっと見ながら歩いたり、お土産を買うくらいなのであれば、ホールドチューブにクレジットカードと現金、パスポートのコピーさえ入れておけば大抵のことは何とかなります。

これくらいの量なら、ホールドチューブに収納できますし、私は更に日焼け止め・スマホ・ペットボトルも入れてました笑

 

3は暑い夏場では厳しいのですが、ジャケットやカーディガンをホールドチューブの上から羽織ることでホールドチューブの見える部分が少なくなる上に、チャックが隠れるのでスリ対策にはもってこいです!

 

4は見た目の問題なのですが、スリなどの防犯対策とはいえ、せっかく買ったんですから他の場面でも使いたいですよね?

セキュリティポーチですと、デザイン性が高いものは多くないのですが、ホールドチューブだとかなりデザイン性が凝ったものも売っているので、帰国後もおしゃれアイテムの一つとして使えます!

 

5は読んで字のごとくただただ安いんですw

 

以上の5点が、実際にイタリアで防犯対策としてホールドチューブを使った感想と、ホールドチューブを私がオススメする理由です!

 

ざざざっとした説明ですが、いかがだったでしょうか?

ライブや夏フェスが好きでホールドチューブをすでにお持ちの方は、

ぜひとも海外旅行の時に持って行って使ってみてください!

 

今後も海外旅行で役に立った物の話をさせてもらうと思うので、これからも宜しくお願いします!

 

それでは!