言葉のチカラ

日々何を感じ、何を考えるのか。答えはどこかにあるのだろうか。 

祖父の介護

 

まさかブログ作った初めの記事で書くとは思ってもなかったのですが、ちょうど今日は介護で忙しかったので、書かせていただきます。

 

皆さんは介護をしてらっしゃいますか?

 

私は祖父が認知症を患っているので、その祖父の介護をたまにやります。

 

 

介護といっても、主に話し相手になることなのですが、祖父との会話はなかなかにしんどいものがあります。

 

例えば、同じ質問を何度も繰り返すこと

認知症なんだからそれくらい当たり前だろう」と考える方もおられるかもしれませんが、この質問を何度も繰り返すということが一番精神的にキツイです。

 

なんというんでしょうか、終わらないレースを走らされている感じですかね。

こう、いい加減にしてくれと言いたくなるような感覚に陥ります。

 

認知症なのだから仕方ないと頭ではわかっているのですが、やはりカッとなって大きな声を出してしまいそうになります。

 

 

対処法として私は、質問に答えるときは優しく、そして質問内容とは違う何か他のことを考えさせるようにしています。

 

自分も相手も「考える」という脳トレにもなりますし、同じ内容の質問をされることが減るので気が滅入るのがになります。

 

優しく答えるのは、大きな声を出すことで、相手に怒られているという感覚を持たせないためです。

怒られていると思えば思うほど、認知症の方は心を閉ざして、進行スピードが速くなるような感じがします。

 

まぁ、これらは私が勝手に良いと思ってやっていることなので、学術や医学的な裏付けなどは無いです(探せばあるのかもしれませんが)

 

ですので、「そういう考えもあるのか」程度に思っていてください

 

もしも、この記事を読んでくださった方の中で、身内の誰かが認知症になってしまい、介護せざるを得ない状況になってしまった時に、この記事を思い出していいただければ幸いです。